デジタルセキュリティ 監視カメラ種類・特徴・価格・用語解説
修理に関して

AI顔認証カメラソリューション

【AI顔認証カメラソリューションの活用事例】



■セキュリティ向上としてオフィス/マンション/工場・倉庫などに
顔認証で従業員の顔を社員証として活用でき、特定エリアへの入室管理する際、本人のなりすましや代理チェックインアウトを防ぎます。来客管理や改札ゲート・自動ドア・エレベーターのコントロールなどと連携させることで、より安全な運用が可能になります。

■サービス向上として宿泊施設/小売店などに
リピーター顧客の来店時にお知らせする事で、迅速なサービス提供を実現します。また、宿泊施設などではお客様の顔や車両を事前に検知する事でスムーズなお出迎えやフロント対応が可能に。個々の能力に依存せず、全てのスタッフが同じようにVIPサービスを提供できます。

■迷子検索としてショッピングモール/遊園地などに
お客様がお持ちの写真データと、録画された過去の監視映像の「顔」を照合することで、迅速かつ効率的な迷子探索が可能になります。館内の監視カメラに写り込んだ瞬間にアラートを発生させることも可能で、直近の映像を検出し場所を特定できます。


  
【AI顔認証カメラソリューションの特長】


■AI搭載顔認証機能で、映像から顔画像を自動検出
「顔検出・照合・通知」までが実現可能なAI機能搭載の顔認証機能内蔵カメラ。予め対象者の顔画像を登録することで、映像から登録した人物の顔画像を自動で検出できます。

■マスク着用時の顔画像も照合可能
顔の類似性(%)を自由に設定できるので、類似性(%)を下げることで、正面以外の角度の顔や、マスクを着用した顔など様々なシーンでも本人照合が可能です。
※様々な角度の顔や、マスク着用時の画像を登録しておくことで、より照合精度を上げることができます。

■人&車両の検出が可能
映像をもとに人や車両を自動検出し、リアルタイムアラートで通知します。
不審者や不審車両の検出などセキュリティ管理のほか、入退出検知や人数カウント、侵入検知などの映像解析でより高度な映像監視ができます。また、人や車両が映った時間だけを録画検索でき、事故や事件などの操作時間短縮にも貢献します。
※人&車両検出機能は顔認証機能とは同時利用不可 
※車両検出機能はナンバー読み取り非対応

■PnP(プラグ&プレイ)に対応で、面倒な初期設定が不要
AI顔認証シリーズはPCを使っての面倒なIPアドレスの設定や登録作業が必要なく、カメラとレコーダーを接続するだけで自動的に接続が可能。ONVIFカメラにも利用できます。
※ONVIFで接続する場合はPW入力など一部設定が必要。また、電動バリフォーカル/PTZ/イベント制御、パラメーター管理などには対応せず、利用上制限があります。
 


 
NSC-AI933M-5M  5MP AI搭載防水暗視ドーム型ネットワークカメラ
NSC-AI933M-5M 5MP AI搭載防水暗視ドーム型ネットワークカメラ

[価格はお問い合わせください]

   
NSC-AI942M-5M  5MP AI対応防水暗視ネットワークカメラ
NSC-AI942M-5M 5MP AI対応防水暗視ネットワークカメラ

[価格はお問い合わせください]

 

サイトに未掲載の製品も カタログをダウンロードして 型番指定して頂ければ 
お見積りいたします。
◆法人・個人事業主様へ-お見積書、請求書、領収書の発行・掛売り対応いたします。◆

メールでのお問い合わせ はこちらからどうぞ。


お問い合わせ・お見積り 各種ご相談はこちらからどうぞ

 

ロード中...